Sunday, June 11, 2017

ナンバーワン野郎 クロマニヨンズ 歌詞付き -Number one guy The Cro-Magnons- lyrics

作詞真島昌利 
作曲真島昌利
ザ・クロマニヨンズ



イェー! イェー! イェー! イェー!
やる事は わかってる 立ち上がる 立ち上がる
いつまでも どこまでも 立ち上がる 立ち上がる

ナンバーワン野郎! ナンバーワン野郎!
いなせな まっしぐら ナンバーワン野郎!

外よりも 寒い部屋 立ち上がる 立ち上がる
外に出る 寒い雨 立ち上がる 立ち上がる

ナンバーワン野郎! ナンバーワン野郎!
いなせな まっしぐら ナンバーワン野郎!

イェー! イェー! イェー! イェー!

ナンバーワン ナンバーワン ナンバーワン
ナンバーワン ナンバーワン ナンバーワン
ワン ワン ワン ワン

やる事は わかってる 立ち上がる 立ち上がる
いつまでも どこまでも 立ち上がる 立ち上がる

ナンバーワン野郎! ナンバーワン野郎!
いなせな まっしぐら ナンバーワン野郎!
ナンバーワン野郎!
ナンバーワン野郎!

イェー! イェー! イェー! イェー!

Tuesday, May 30, 2017

ダンスナンバー(真島Ver)-Dance Number(Mashima version)

作詞真島昌利 
作曲真島昌利
THE BLUE HEARTS



ダンスナンバーで 踊り続けよう
くだらない事は たくさんあるけど
誰かが決めた ステップなんて
関係ないんだ デタラメでいいよ

※カッコ悪くたっていいよ そんな事問題じゃない
君の事笑う奴は トーフにぶつかって 死んじまえ

人の目ばかり いつでも気にして
口先ばかり 何もしないで
そんなのちっとも おもしろくないよ
そんなのとっても たいくつなだけさ

(※くりかえし)

時間はまるで ジェット・コースター
流星みたいに 燃えつきてしまう
明日 世界の終わりが来ても
ダンスナンバーで 踊り続けよう

(※くりかえし)

テトラポットの上 – On Tetrapod

作詞甲本ヒロト 
作曲甲本ヒロト
THE BLUE HEARTS


表と裏の間に浮かぶ
白と黒との間の色は

テトラポットの上に立ってる
気まぐれな恋人の夢を...
テトラポットの上に立ってる
気まぐれな恋人の夢を見てる

プラスティックの外国製の
流線形の罠にはまった

30ポンドのラインから
カーボンロッドに伝わって...
30ポンドのラインから
カーボンロッドに伝わってくる

情け容赦ないフィッシャーマン
情け容赦ないフィッシャーマン
錨をあげろフィッシャーマン
情け容赦ないフィッシャーマン

20世紀の終わり頃に
僕たち始まった...
20世紀の終わり頃に
僕たち始まったばっかり

テトラポットの上に立ってる
気まぐれな恋人の夢を...
テトラポットの上に立ってる
気まぐれな恋人の夢を見てる



ロマンチックーRomantic

作詞甲本ヒロト 
作曲甲本ヒロト
THE BLUE HEARTS



シャララ… シャララ…

ああ 苦しめて かわいそう
こらえた涙の数は 夜空の星でも
ああ かなわない
シャララ…

ああ 淋しくて たまらない
ああ そんな2人が 会えたんだ

いくつもの誤ちをして 遠まわりしたけど
もう 迷わない

ああ 何もかも いとおしい
ああ 抱きしめて やさしくしたい

せつない気持ちの分だけ 約束を果たそう
ああ ときめいて

シャララ…シャララ…

ロマンチック


ダンスナンバー -Dance Number

作詞真島昌利 
作曲真島昌利
THE BLUE HEARTS



ダンスナンバーで 踊り続けよう
くだらない事は たくさんあるけど
誰かが決めた ステップなんて
関係ないんだ デタラメでいいよ

※カッコ悪くたっていいよ そんな事問題じゃない
君の事笑う奴は トーフにぶつかって 死んじまえ

人の目ばかり いつでも気にして
口先ばかり 何もしないで
そんなのちっとも おもしろくないよ
そんなのとっても たいくつなだけさ

(※くりかえし)

時間はまるで ジェット・コースター
流星みたいに 燃えつきてしまう
明日 世界の終わりが来ても
ダンスナンバーで 踊り続けよう

(※くりかえし)



Tuesday, April 18, 2017

僕の右手 ブルーハーツ 歌詞付き -Bokunomigite(My right Hand)- The Blue Hearts- lyrics

作詞甲本ヒロト 
作曲甲本ヒロト
THE BLUE HEARTS



僕の右手を 知りませんか?

僕の右手を 知りませんか?
行方不明になりました
指名手配のモンタージュ 街中に配るよ

今すぐ捜しに行かないと
さあ 早く見つけないと
夢に飢えた野良犬 今夜 吠えている

見た事もないような ギターの弾き方で
聞いた事もないような 歌い方をしたい
だから

僕の右手を 知りませんか?

人間は みんな弱いけど
夢は必ずかなうんだ
瞳の奥に眠りかけた くじけない心

いまにも 目からこぼれそうな
涙の理由が言えません
今日も明日もあさっても
何かを捜すでしょう

見た事もないような マイクロフォンの握り方で
聞いた事もないような 歌い方するよ
だから

僕の右手を 知りませんか?



Thursday, April 13, 2017

ロクデナシⅡ ブルーハーツ 歌詞付き -Rokudenashi2(Useless 2)- The Blue Hearts- lyrics

作詞真島昌利 
作曲真島昌利
THE BLUE HEARTS



通りを歩いたら 陰口たたかれて
本屋に立ち寄ったら ジロジロながめられ
バイトの面接じゃ 冷たくあしらわれ
不動産屋に行けば オヤジがこう言った

ギター弾きに貸す部屋はねえ
ギター弾きに貸す部屋はねえ
ギター弾きに貸す部屋はねえ

ボクの着てる服が 気に入らないんだろ?
ボクのやりたい事が 気に入らないんだろ?
ボクのしゃべり方が 気に入らないんだろ?
ホントはボクのことが うらやましいんだろ?

※ロクデナシに貸す部屋はねえ
ロクデナシに貸す部屋はねえ
ロクデナシに貸す部屋はねえ※

どこかのエライ人 テレビでしゃべってる
「今の若い人には 個性がなさすぎる」
僕等はそれを見て 一同大笑い
個性があればあるで 押さえつけるくせに

(※くりかえし)